病んでる女と争った馬鹿な俺、分かってはいるんだが

朝6時頃の、渋谷から、大宮行きに乗った。

1両に10人も乗っていない。資料を見ながら書き物をするために、

電車のドアーのすぐ左の長いす3人掛けを占拠して、椅子に資料を広げて、レポートを書いていた。
次の駅で、30代前半の女が車内はがら透きなのに、俺の資料を押しのけて、

三人掛けの椅子に、これ見よがしに、「どすん」と座った。
「かたずけなさいよ!」 俺をにらみつけて、やや青白い顔の化粧の無い病んでるッぽい女が言った。

頭に来た俺は「なんだぁこのやろうぅー」 とやったんじゃあ、騒ぎになったら立場が無い。
それくらいは計算できる、冷静な上場会社の会長だ。
病んでる女には病んでる親爺で行こうと決めた。座席は俺、資料、女。
資料を丸めて、女の隣に俺は移った。其れも体が引っ付くくらい近づけた。
もうこうなると、だめ。上場も、会長もない。
女の耳元で「姉さん、どこまで行くんだよ」 目の焦点を合わせないで、落ち着きの無い、病んでる親爺に

なりきって。「今日 暇だからよ、付き合ってやるよ、どこまで行くんだよ。」

なかなか調子が出てきたぞ。病んでる姉さん、しっかりしているよ。

携帯出して、車内から110番しやぁがッタ。何線で、今どこを走ってる、とか言ってる。

逃げ出す訳には行かない。ほらっっ。今俺は病んでるんだから。しばらくして、車掌が来た。
「警察から連絡がありましたが、なにかありましたか?」
病んでる女は病んでるまんまにしか話せない。
こっちは会長。社員教育のメインが、良い人間関係、接客応対。ポイントは感じよく。

「いえ、何もありません、大丈夫ですよ、」落ち着いて、涼やかなやや高い声で答えた。

病んでる女がなおも言おうとするもを、静かにさえぎって「だいじょうぶですから」

車掌にしてみれば、電車のスピードも落ちてきて、まもなく駅だ。「大丈夫ですね」と消えてしまった。

「姉さん!どこで降りるんだよ。付き合うからよ」

ドアーが開いた途端に、降りちまった。女のすぐ後ろについて 「付き合うからよ」

女が小走りになった。ドアーの閉まる寸前に、電車に俺は飛び乗って、こっちを観て、

にらんでる女に手を振った。