ベンチャー企業の価値は変化にあるという事

日本人は農耕民族

この2000年の間に、日本人の特性が植えつけられた原因の一つに農耕、稲作が、性格特性に 大きな影響を、与えていると、いえる。土地の定着、稲作は、連作障害がないことで、来年も、再来年も、同じ土地に定着することが出来た。

農作業そのものの特性

毎年決まった季節、細かなことをいえば、10日単位で種まき 取り入れの日が決まっている。其の週を逃すと収穫量が違ってくるのは、農業従事者なら、当たり前のことである。

肥料の量、一畝に、播く種の数、どんな苗を間引いてどんな苗を残すか

全て、去年と同じように、きちんとやる。精度の高い製品を作る体質はこうして出来上がった。作物を作るのに、やったこともないようなものを作ろうものなら、へた不作にでもなってしまうと、家族が全滅にもなりかねない。結果、余分な事をしないで、今まで通りやるに限る民族になった。変化を嫌う習性は、こうして出来上がった。

狩猟民族

相手は生き物 昨日と同じ場所にいるはずがない。今日はここに行ってみよう、明日はあそこに行ってみよう、行き先は、毎日違う、同じやり方で、獲物をねらうと、やり方を覚えられてしまうもっと遠くまで届く弓、もっととがった槍,効きのよい毒薬、同じやり方をしていた一家は、獲物が取れなくて、死に絶えちまった。

昨日とどのように違ったやり方をするかが、狩猟民族の特性に、なった。肉食の、欧米人の特性は、トライと、攻撃である。特にアメリカ人は、ヨーロッパで食い詰めて、村を捨て、国を捨てて、全く見知らぬ土地で、生計を立ててきたのであるから、同じ狩猟民族とはいっても、其の特性は、際立っている。国中がトライしている民族ばかりである。

我々テンポスは、ベンチャー企業 会社が出来上がっていない、やってみる、うまくいかなかった、またやってみる、うまくいかなかったの、くりかえし。

テンポス社員に要求されること、無理ですと言わない、やって見なきゃわからんだろうやったことありませんと言わないやったことないことしかやらない会社だ。

まさに、狩猟民族のやり方をしなくてはいけないのが、ベンチャー会社だ。農耕民族の、日本人には、体質に合わないことを、やらせることになる。日本人には、伝統品を作るとか、下請けで、きちんとやることが評価される仕事が向いている、といえる。

テンポスは真面目にきちんと社員7割
企画立案型狩猟民族タイプ社員3割
これが、配分として最適である

森下ベンチャー企業ブログ