「安田!」「安田!」返事をしろ、「植田です」「いつから植田になったんだこの野郎」

アルツハイマー進行中!
早朝情報交換会
「安田!客が高いと言ったが、何人の客が高いと言ったんだ。」
「、、、、、、、、、」
「安田!答えろ」
「、、、、、、」
「お前のことだよ、何とぼけてんだ!安田じゃないのか」
「植田です」
「馬鹿野郎、目はお前を見てんだろうよ、その上で安田!と呼んだらお前のことじゃないか。」
「そそんなぁ」
「甘ったれてんじゃねぇ!俺が客だったら、お前を見ていて安田さんて言っても返事をしないのかよ!」
「はぁっ」
「お前達よーく聞けよ、植田だろうが、安田だろうが、自分の方を見て呼ばれたら、自分のことだと思って返事をしろよ!ましてや、植田に安田っ呼んでるんだ!一文字 田 が入ってんじゃないか!
これからは、植田に川崎って呼んでも返事が来るようにしろ!間抜けめ!」
なんか無理があるような気持しないでもないが。