閉店する人が後悔する25のこと

東京商工リサーチによると2017年の1年間の飲食業の倒産数は720件、その約9割は負債1億円以下の小規模企業の倒産が占めています。そこで、年間1万件の厨房機器の買取を行うテンポスバスターズが、“閉店する人が後悔すること”を調べてみました。

1よその店を見に行かなかった

2客が来たのに嬉しさを「いらっしゃいませ」といえなかった

3従業員のワガママをそのままにしておいたこと

4小さな不正に目をつむっていたこと

5残ったもの鮮度の悪いものをだしたこと

6業者のいいなりに仕入れたこと

7感情的に客、従業員に接したこと

8いつも美味しいものを出すと決めていなかった

9客の意見を聞こうとしなかった

10美味しさの分からん客だと思っていたこと

11厨房 店を綺麗にしなかった

12業者に感謝しなかった

13どんぶり勘定を続けていた

14神社にお参りをしなかった

15女房を使うのは当たり前だと思っていた。

16客の名前を覚えようとしなかった

17約束事、時間を守らなかった。

18そのうち、売り上げが上がるようになると思っていた

20赤字が続いても、やめようとしなくて、返せなくなった

21借金で不義理をして、身近な人、大事な人を失った

22家族子供を大事にしなかった

24目標もなく、真面目に働いていれば何とかなると思っていた

25支払いを遅らせたり、都度値切ったりして、いやな店主だった。

悔やむ前に明日から何をしていきたいですか?

Smiler 編集部 オト