やりもしないのに、やる気はあるんですがなどと言うな!

指示された事は100%やって当たり前であるはずなのに、

「今朝裏山で採れたタケノコご飯を、お試しください」というトークを10日間、5分づつ練習させなさい。

この指示は、練習させるだけだから、誰でもできる筈だが、この程度の指示でさえ、

2:8:2の原則通り下の方の店長20%は、1回か2回やるだけ。

80%の店長は5~6回トレーニングをする。

10日間5分づつという二つの条件通りやる人は、上位20%の店長のうち、5~6人

メニューを説明する時にはすべてのお客さまに、タケノコご飯をお勧めしなさいという指示を出す。

トークを覚えていようがいまいが、すべてのお客様にお勧めしなさいというのが、新たな指示である。

2:8:2の原則通り やる気の出ない普通の店長20%は、お客様にお勧めしたりしなかったり、しない方が多い。

やる気のある店長はすべてのお客様に「タケノコご飯」をお勧めする

トーク練習で差がつき、お勧めで差がついて、100店舗の順位がつく。

「何故やらせないんだよ!」とマネージャーに聞く。

「やる気はあるんですけど」と俺に答える。

マネージャーは店長に聞く「何故やらせないんだよ」

店長は答える 「やる気はあるんですけど」

やる気のないやつだけがやらないくせに「やる気はあるんですけど」という。

共通認識

テンポスでは、「やる気はありません」と答えなさい。

「やる気はあるんですけど」という日本語は 一切使ってはいけない。