何のために生きるか

何のために生きるか

人間とはいえ、生き物の一種であるから、#「健康な子孫を残す」これが生きる理由に決まっている。
働く環境、生活環境が劣悪で子供を産むあるいは、増やす事はできない。などと寝言を言う人が多い。神武此の方、部屋が小さい、共稼ぎ、旦那の援助がない。そんな理由で後世を継ぐ子供をつくらないのは、昭和の後半からで、平成の御代になってから、特にそんな声が大きくなっている。
産むか産まないかは、二人の問題ではない、夫婦で決めてはいけない。
種の存続を、生命の価値のわからないボンクラに、決定されてはたまったものではない
とはいうものの牢屋の犯罪人でさえ、待遇改善を訴える時代
人権、個人の権利を持ち出されると、「子供を作れ!」などと言おうものなら、女性蔑視、人権無視と吊るし上げられてしまう。
ここは一つ小さな声で、暇が出来たらで良いから、子供を作っていただけませんかって程度にしておこう
絶滅した生物は860種、#絶滅危惧種は2万種と言われている。
現在は、6500万年前の、巨体隕石の衝突による、爬虫類の絶滅に次ぐ、人類による生態系の破壊による、種の保存危機と言われている。
人類には地球を破壊する権利、他の生命を絶滅する権利などあるわけない。
人類の傲慢さが、地球を破壊する。
身近な所に目をやれば、何が傲慢かわかる。
森林破壊が原因ではない。CO2の排出が原因ではない。
使える物を捨てている。靴、傘、衣類使い切るまで捨てなかったら、道具は直して使えば、経済は停滞するが、環境破壊はこのようなスピードで進まない。
食べ残さない、いつも腹減った状態にして置く。食い物を捨てない、期限切れを捨てない。期限切れになるように、余分に買わない。
冷蔵庫をスカスカにしておく。
車もパソコンも買い換えない。

何の為に生きるか 「#良い環境を後世に残す。」これなら、女性蔑視、人権無視と言われないだろう。