ゴリップグループ 洪社長 ロングインタビュー part4

ゴリップの全員人事部計画

新規出店のために人をどうするか、既存店をどう大きくしていくか。ゴリップではいち早くリファラル採用を導入した。それはなぜか?紹介採用の人のほうが仕事が続きやすいから。紹介した人がいる手前、簡単に辞めることはできない。

それ以上に、困った人が周囲にいたとき「うちの会社に来いや」と言えるかどうか、言えない会社はダメな会社だと思う。飲食業界は他業界に比べて確かに質は低い。ならば分母を増やしていかなければ人材は増えない。そのためにゴリップでは全員採用が基本。フィルターは一切かけない。育てられなかったら、その上司が悪い。

日本は折り返し地点を向かえた。これからますます人口は減少していく。7千万、6千万人と。だから人に重きを置く運営でなければならない。

そのため理念の浸透より先に概念の話をするようにしている。「働くとは…どういうこと?」「どう生きたいねん?」「何に興味持ってんねん?」気持ちのポイントは人それぞれ。しかし、食べるのが好きじゃない、お客様の笑顔を見るのが好きじゃない、そういう人はやめてもらう、続かないから。

現在は全員人事部計画と言って、リファラル採用を人事部を中心に積極的に行っている。幹部40人みんながアンテナを立ててもらい、社内のすそ野まで広げていく計画だ。行きつけのガソリンスタンドでは、「にいちゃん、ガソリンスタンドが好きで仕事してんの?」と声をかけてゴリップに転職してもらったり、スタバのドライブスルーのお姉さんと親しくなって説明会に来てもらうとか、常にアンテナを立てて採用していくことが大切。京都は特にインバウンド対策が急がれるので、人事部は語学学校まで行ってリファラル採用をその結果、年間で25~30人をリファラル採用している。