一般の流通では手に入らない「食材」をあなたのお店のブランドとして活用してみませんか?

食材会社と中小の飲食店とを結ぶ「どっこいプロジェクト」がスタート!

 

秋刀魚、サバ、そば、サツマイモ、ナス、ぎんなん、栗、柿などなど。秋は魅力的な食材がいっぱいですよね。というわけで食欲の秋本番の今日この頃、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

先日、なんとなくテレビを観ていて思わず見入ってしまいました。「満点☆青空レストラン」で紹介されていた里芋がすごかったからです。(観られましたか?)甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)っていうのですが、山形県の佐藤家が室町時代から(500年以上昔!)守り継いできた、なんとも由緒正しきこの里芋は佐藤さんの畑でしか育たないそうです。不思議です。

で、当然テレビの影響力で、佐藤家には問い合わせが殺到し、さぞかし佐藤さんは困っているんだろうなぁと思って、ネットで検索してみました。その結果、

びっくりポンです。

「伝承野菜農家 森の家」とのネーミングで、佐藤さんは「甚五右ヱ門芋」を目当てに集まってくる人々に、里芋だけでなく栗やお米などいろんな食材を通販で紹介しているし、さらに芋掘り体験を募集しながら宿泊施設まで。。。やられました。

と申しますのも、テンポスでも始めたのです。

中小の飲食店を支援するテンポスバスターズは、一般の流通(いわゆる大量生産、大量消費、そして大量廃棄)には向かないけれども、小規模であれば安定して供給できる食材を生産している事業者と、その食材を使ってみたい飲食店とをうまく結び付けたいと考えました。中小の飲食店を支援するテンポスだからできること、いえ、やらなければならないことなんです。

そして飲食店のオーナー様には単に料理の食材としてではなく、ぜひ、お店のブランドとして食材を活用していただきたいのです。

実は、市場にあまり流通していない食材には必ずと言っていいほどストーリーがあるんです。詳しくは飲食業界人のための情報を集めたポータルサイト「飲食業界.com」にご注目ください。地元の人しか知らない食材を供給する会社のPRと商品情報を順次掲載してまいります。

季節性、地域性、天然素材、四季折々の自然豊かな日本は「食材」の宝庫です。「見たことがない」「食べたことがない」これまでの流通には乗らなかった畜産物、水産物、農産物をお客様のお店のブランドに是非ご活用ください。

テンポスバスターズはあなたをまだ見ぬ未知の「食材」の世界へとご案内します!

詳しくは、飲食業界.comまで

//www.inshokugyoukai.com

飲食業界.comで紹介された食材はメルマガ、WEB広告、テンポスバスターズ全国58店舗にて随時紹介してまいります。