あなたは肺癌であと5年で55%の確率で死にます。タバコを止めるか。

癌では、5年生存率といって、5年経って何人生きているかを、段階を1~4にしていて、ステージ1とかステージ2とかいう。

全癌のステージ3は、5年で55%の人が死ぬレベルだそうだ。

肺癌です。このままタバコを吸って、治療もしないと、5年生存率45%ですといわれたら、

まぁ 大概の人は タバコを止めるだろうなぁ

飲食店は新店オープンして、5年生存率45% ステージ3

スナック、などを含めると5年生存率30%

恐ろしい事に、新店オープンしたその日からステージ3の段階だから、医者の治療を受けなければならない。

にもかかわらず、年間10万店飲食店をオープンしている。

そして5年で半分以上が、死を迎える。

テンポスでは人間ドックをもじって、「店舗ドック」を始めた。

健診項目は人間ドックほど沢山はない。

1 顧客満足度

2 経営効率

3 従業員満足

4クリンリネス、

細かい事を言わなければ、この4項目をクリヤーしていれば、10年は生き延びられる。

人間は、暴飲暴食をしない事、不規則な生活、偏った食い物をしなければ、80年は生きられる。

店舗が、生き延びるために大変な事は、真面目な生活をしているだけでは、消えてしまう。

常に、変化に対応しているか。

変化の捉え方が間違っていないか。ここのトコが難しい。

客の望むものが変わってくる。

景気の変化で食べるものが変わる。

競争店のやり方が変わると、客が来なくなる。

道路が拡張したり、バイパスがついたり、

近所にショッピングセンターが出来たり、

テレビでこの食品は健康に良いとか悪いとか、

風評被害にあってみたり。

原因は何であれ、毎年 顧客満足度、効率、従業員満足を追求していれば、取り敢えずは生き延

びられる。

人間は欲望に負ける弱い生き物。

分かっていてもタバコをやめられない。

飲食店オーナーに、店舗ドックを無料でやります。

顧客満足度を調べてみませんかと、テンポスの来店客に声をかけても、せいぜい20%の人しか、

「店舗ドック健診」を受けようとしない。

ステージ3なんですよ。5年で55%の人は死ぬんですよ。

いくら説明しても、人ごとのようにしている。

日本が世界有数の長寿国になるまでに、100年かかって、手を洗え、歯を磨け、健康診断をせよとやってきた。

店舗ドック健診を全員に受けさせるまでには、道は遠い。