冷蔵庫の野菜を先に使わないで、買ってきたものでカレーをつくるな!

女房とは会社創業時から一緒にやってきた。出社も退社も一緒。

3日に1回は、蒲田のマルエツで買い物をして、帰るのがスタンダードコースであった。
家に着くと、女房は着替えもそこそこにして、台所に向かった。今日は俺の好きなカレーだ。

肉はスライスでなく、大き目の塊を煮込まないで、焼いたのをぶちこんでくれ。

テーブルに並べて、いただきましょう、おっと、今日は海鮮サラダ付だ。

ルーも、りんごと蜂蜜、ハウスバーモントカレーだ。ちゃんと分かってる。ありがたいもんだ。
だが、待てよ 。「玉葱は冷蔵庫に残っていたが、あれを使ったか?」 「ううん」

「ううん、ってお前、今日買ってきた玉葱を使ったのか」 「うん、ごめん」

「ごめんって、お前、毎日冷蔵庫を見てんだから、玉葱残っていたの知ってんだろうよ。」 「がめん」

「がめんじゃないだろ!」 「ごめん」てなことで、在庫回転やら、不良在庫やら、

愚だ具だと言いながら、気まずい食卓となっておりました。
私は貧しい百姓の育ちですから、食い物の古くなったものを捨てることが、絶対の罪悪であり、

古い順に使わないと、其のうち捨ててしまうことがあるのが許せなかった。
ある日「ゴール」ということを学んだ。貴方はどんな食卓でカレーを食べたいですか?

古い順に使わないからといって、玉葱ひとつで、ぐつぐついって、気まずいテーブルがいいか、
「あっ、好きなバーモントカレーだ!肉も炒めてある、お前の作ったカレーは、抜群だよなぁ」と言って、

ホッペをつつく、「いやぁん」とか言う。
どんな食卓を囲みたいのですか?玉葱が大事か、「いやぁん」が大事か。それが「ゴール」 なんだ。

ここで、ゴールをはっきりさせておかないと、一生玉葱になってしまいますよ。
古い玉葱くらい、貴方がちょいと早起きをして、味噌汁の具にすればすむでしょう。

第一、二人で帰ってきてから、貴方は何をしていましたか、妻が台所でごとごとしている間、

ゆっくり着替えをして、ソファーに寝っころがって、新聞読んで「めしまだぁ」

台所の手伝いしました?玉葱が心配なら、新聞読んでないで、自分で刻めばいいでしょうが!
頭、がーん、それが「ゴール」か!!
以後「いやーぁん」が続いて、40年。「カレーできたぁ」 妻は、パソコン。

「いますぐだよ」 「肉はスライスね」 「わかってるよ」 俺のカレーも、まあまあかな。