店を良くする4つの数字

お客様に喜ばれる店にすれば、儲かるようになるか。

客は増えるが、忙しいばっかりで、儲かるようにはならない。

儲かるようにするには、人件費を下げて、食材の原価を下げればすむ。

すると、儲かるが、サービスが悪くなり、商品のレベルが下がり、客が減る。

次第に儲からなくなる。

繁盛店は儲かるかといえば、そうでもない。

客は多くても、家賃が高いとか、原価をかけすぎて粗利が少ないとか、

見た目客が多くて、繁盛していても、儲かってない店も多い。

最終の指標は、売上げと利益ではなく、売上げと利益が去年より伸びているかである。

「売上げと利益」を目標にしていると、毎月改革をしなくてもすむことになる。

儲かるようにする指標としては、人件費率と粗利率

この指標「効率」は  ひたすら、店の都合で「効率」を追求しても客は喜ばない。

では客が喜んでくれたか分かるのは 来店客数アップと、覆面調査の点数で分かる。この2つは「顧客満足度」といえる。

店をやる時には 店の都合「効率」人件費率と粗利率。と客が喜んでくれたか「顧客満足

度」 来店客数と、覆面調査

この4つの指数を追求すれば良い。

具体的にこの4項目を良くする策を立てて、期限1週間で成果を出させる。

人件費率を下げるには、人時客数を参考にしながら、シフト管理をする。

マネージャー同席の上、該当するパートに店長が話す。

コレをやれば1週間で人件費は下がる。

少ない人数で、サービスの低下をもたらさないように、トレーニングします。

顧客の不満は、味、席への案内が遅い、料理提供が遅い、呼んでもすぐ来ない。

この4つをキチンとやれば、80%の満足を得られる。

日常業務としてこの4つをどうやるかは、次回とする。