厳しい先輩と、厳しい上司の違い

厳しい先輩は、後輩を育てようとして指導する。

言うことを聞かなかったり、やろうとしなければ、ぶん殴る事もある。

上司は、絶対に手を出してはいけない。

厳しい上司はどうすれば良いか。

先輩と上司の違い。

先輩は、指導助言する。思い余ってぶん殴る。

上司は、

1 指示命令をする

指示命令であるから、「これやってね」というように優しく言っても、それはすべて命令である。

無理ですとか、やったことありませんとは絶対言ってはいけない。

2 尻拭いをする。大概の店長が「尻拭い」の解釈を間違える。

部下、従業員が「やり損なった時」尻拭いをすると思っている。

「やり損なった時」尻拭いをするのは当たり前!

今月、デニッシュパンを800個売ろうと決めたとする。

1日ウィークデーに20個売る。Aさん7個、Bさん6個、、、、、各人の1日の目標を設定する。

「尻拭い」というのは、その日の目標に達しなかった分を、店長が売り切って、目標の20個にする事で、朝礼で目標を伝える、掛け声をかける、報告を聞くだけでなく、

翌日でも良いから、店長が自分で補うことだ。

3 出来ない従業員を、教育トレーニングして育てる。

4首にする。これは店長が一生の間で一回口にするかしないか、と言うくらい

軽はずみに、首にしてはいけないが、我々営利事業者は、腹の底で、やろうとしない者、やってもやっても出来ない人には、お引き取り願うしかない。

人を使う立場の人が、おそるおそる、指示を出しているが

日本の人権保護は、世界でも稀な、共産国家でも考えられない程の、厚い体制になっている。

勢い、出来の悪い社員が野放しになりやすい体制が出来てしまった。

アメリカをはじめとした、欧米諸国では明確に「解雇しますよ」と言っている。

上司は指示命令をすることで、目標達成する仕事なのだから、指示は決してお願いではない。

お願いしたとしても、それは「命令」である。